太刀好きな性質の悪い人たちによる、独断と偏見のブログです。いたわりは各自の判断でお願いします。

第145回 辿異氷獰竜討伐! 太刀部門  

mhf145top.jpg


こんにちは、なおです
韋駄天乙狩り様でしたーっ!

暑い、暑いですよ今年は!
とにかく暑い(語彙力の低下

さてくそ暑い中でもクールで熱い韋駄天を楽しむ刀神達の夏をじっくり見ていきましょう


【最終暫定1位】【1:45:90】【武器スロット:パシオ剣珠GX3、リエブレ射珠GX5、祖龍剣珠GX5】(備考:最終暫定1位から少し更新)
https://youtu.be/AMNjLhkvMkw

【最終暫定2位】【1:46:43】【武器スロット:パシオ剣珠GX3、リエブレ射珠GX5、祖龍剣珠GX5】
https://www.nicovideo.jp/watch/sm35494095

【最終暫定4位】【1:52:10】【追加発動スキル:剛撃+3、見切り+2、氷界創生、一閃+1、閃転、纏雷、剣神+1】
https://www.nicovideo.jp/watch/sm35497124

【最終暫定5位】【1:52:80】【武器スロット:弩岩剣珠GX2、ジンドル剣珠GX5、リエブレ射珠GX5】
https://youtu.be/TPK5duS8T-E

【最終暫定6位】【1:56:40】【武器スロット:パシオ剣珠GX3、リエブレ射珠GX5、祖龍剣珠GX5】(備考:動画はベストよりコンマ遅い物)
https://youtu.be/X4eEhBLU8sY


※ちょっと今回は私事で参加できなかったので今までよりも変な解説になりそうです

さて、今回の韋駄天も振り返ってみましょう

開幕の動き方としてはギアを待つか迎えに行くかの2択だったようです
待つ場合はエリア3で19~20秒ぐらいするとエリア2から移動してくるのでタイミングよく縦斬りをすれば当たる感じですね
このやり方はギアが初めて実装された時開発された罠ハメでの太刀のムーブとだいたい一緒なので、まずはこちらを試した方はそこそこいたはず
続いて迎えに行く場合はエリア2に直接行くか、3を経由して2に行くかでした
3経由の2だとギアが近くにいるのですぐ戦闘開始できるのが利点なのかな

大まかな動き方としては
脚を斬りつつ転倒or氷ニフラム中に尻尾を狙う、といった感じでしょうか
特に氷ニフラム中はスタミナが切れるまでサンドバックにできますが、G級モンスの仕様上怯み値は倍々になっていくので
「あ、また氷ニフラムだ!尻尾斬らなきゃ!」って何度も尻尾を狙っていると怯み値が高くなっていき肝心なところで怯まずに乙ってしまうこともあったと思います
最終暫定1位の方の動画を見ると、氷ニフラム中でも尻尾じゃなく脚を優先しているシーンもありました
多分怯み値計算していたのかなって

あと動画見てたらかっこいシーンがありました
最終暫定2位の方の1:40くらいから
絶妙な間合いの中、牙突(いなし突きじゃないよ)を上手く決めています
こういうかっこいシーンも見られるのが韋駄天の醍醐味の1つですよね!

次回こそは気合入れなおして参加するので
みんな、戦場で合おうッ!

以上、暑さで参ってるなおでした

第145回韋駄天杯~直前確認編~  

mhf145top.jpg
投稿タイミングからお察しください。
あちぃ外からクーラーガンガンのコンビニに飛び込む勢いで駆け抜けていく記事です!


今回の貸与防具はこちら!
mhf145dtl.jpg
フランテキャップ+ブレイブシリーズ。
防具セットから得られるのは基本武器倍率+30のみですが、
フランテキャップには何と言っても閃転のスキルポイントがある!٩( 'ω' )و
会心率が+30%もされ期待値も抜群に上がるため、不要なスキルを弾いて滑り込ませたいところです。

武器は辿異種相手なので辿異武器限定・レア度11以下・シジル×という制限となっています。
例によって火力も属性も斬れ味も保障されているため最適な武器を選択していきたい。

この貸与防具で発動するスキルはこちら!
mhf145defset.jpg
【辿異スキル】
・スキル枠拡張+2
・耳栓強化+1
・耐震強化+1
・風圧強化+1

条件的には辿異ドドの韋駄天と酷似しそう。
あの時は回避性能がありませんでしたが、やってみればなんとかなりましたね。
ギアもドド同様に超振動のため、いなしで大体は対処できると思います。

例によって耐性はスキルとクエスキルで55にはしてくるでしょうが、
今までの経験上、上位を目指すならこれらの耐性系スキル集中+2は弾いてなんぼの世界でしょう。
積めるだけの火力スキルを積んで攻略していきます。


冷血なる凍結刃を薙ぎ払うは、氷塊の極尾を備えし氷獰竜!
mhf145gia.jpg
順当に特徴を引き継ぎ強化された感のある辿異ギアオルグ。
尻尾に氷の刃を纏う氷尾やローリングアタックやブレスはそのままに、
強力なカチ上げのある溜め攻撃や新たな大技を引っさげてきている。
しかし、何よりの強化は振りかぶった尻尾にカスッた時の理不尽なまでの膝突きノックダウンだろう……。

【辿異種特徴】
超振動
尻尾叩き付けや氷尾生成行動時に発生。
注意していればそうくらうものでもなく、頻度も低めなのでドドよりかは警戒度も下がりそう。

氷やられ【特大】
氷ブレスや氷尾状態の尻尾攻撃を受けるとこの状態異常に。
発症後、急速にスタミナゲージが減少していき、スタミナが0になった瞬間に氷漬け状態となる。
万全に対策する場合は氷耐性55↑が必要となる。
辿異ギアオルグの主だった攻撃が発達部位である尻尾の攻撃のため戦闘中は常に警戒が必要。

・溜め尻尾回転
溜めの短い回転攻撃と溜めが長くブレスも込みの連撃という2パターンがある。
見極めは単純で、尻尾を上に上げていれば短い溜め、下に下げていれば長い溜めになる。
特に長い溜めの方は大きな“隙”となる上、弱点である尻尾を斬りたい放題なので是非狙いたい。

・氷結ドーム
長い溜めの後、足元へとブレスを吐き続ける大技。
ブレス中のドーム内ではスタミナが急激に減少していきスタミが0になると次は体力が削れ始める。
太刀ではブレス中に攻めることが出来なくなってしまうため、絶対に怯みを取ってモーションを中断させたい。



最も苦手で脅威な連続攻撃は行ってこないので平和に思えるが果たして。
怒り時の基本モーションも素早いが反面早いが故に回避性能なしでも回避の容易な行動も多いはず。
とはいえ付けてくれた方が嬉しいのは確か。オナシャスm(_ _)m

しかし一番厄介なのは尻尾被弾の膝突き。ホント勘弁して欲しい。
韋駄天中にはリタの妨げにもなり、さぞかし腹立たしいことだろう。

またギアは最初エリア2にいるが、直接向かうとかなり遠方からの発覚状態になる上、
開幕ローリングアタックということもある。
逆に開幕エリア3へ向かえば、比較的早くギアはエリア移動してきてくれるので
当日タイマーや開幕行動と相談しながらエリア2と3どちらで戦うか考えたい。


武器選びのための肉質チェック!
今回もFreeDomの小部屋様より情報をお借りします。
●辿異ギアオルグ
mhf145niku.jpg
まぁ色々ありますが、一貫して言えることは斬は尻尾
属性はが通るという具合。
尻尾というと狙い難そうなイメージもあるが、ギアにおいては長い溜め行動の隙や尻尾を眼前に晒してくれることも多いため、
狙える機会はあるはず。
また、脚への攻撃や氷尾解除時などダウンもしやすいため、怯み値管理をしっかりしてチャンスを把握して攻めていきたい。

煉獄ノ刀・願望
煉獄
がよく通るということから紅魔属性の大太刀。扱い易いリーチと長い空ゲが強み。
対抗としてルベルラミナ・真があるが、あちらは属性値が低く、リーチがの代わりに辿異スキルが枠拡張という利点がある。
当日のスキル状況次第では願望よりも真ルベルを優先することもあるかもしれないということは覚えておきたい。

煉舞ノ刀【陸奥】
煉舞
片一方の属性が死んでても尚強みがある、それが属性というもの。
願望を持っていなくてこちらを持っているという人は少ないと思うが、次点候補の一つ。
しかしながら辿異スキルと斬れ味ゲージに恵まれないため巧流がないと厳しい所もある。


他では辿異ドド韋駄天で活躍した会心の期待値補正もある鬼神刀だが、光の70%70%というカット率から、
会心値+10とはいえ属性の面で劣っていると言えそうだ。
カツカツなスキル枠の中、不要スキルを弾いて弾いての辿異主韋駄天事情から、スキル枠拡張の恩恵はかなりデカい。
そこをどう捉えて、武器選びをするかが重要になってくるだろう。


そんなこんなでやってくる(もう今日ですネf^皿^;)夏の韋駄天。
長い梅雨も明け、茹だるような猛暑日が続くこの頃いかがお過ごしでしょうか?

終了宣言から時も経ち、それぞれが再び進み始めた頃合いでしょう。
もう開発費がおりない以上、過度な期待は無理難題でしょうが、
この真夏日の様な“熱さ”を感じられるメンテ日公式HP更新をみたいというのは自分だけでしょうか?

この頃はTLで回ってくる各種ユーザーイベントの方が楽しみであります。
終了前に少しでも何かを残そうというハンターの熱意がこもっていて、自然と興味をそそられます。
仮にもイベントを主催することがある我々もそういった方々に負けない企画を持ち込みたいですね!

そんな感じで、お盆はゆっくりできそうな韋駄天模様。室内でも熱中症には十分注意を払って臨んでください。( ˙꒳​˙ᐢ )


プロフィール

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

RSSリンク

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード