太刀好きな性質の悪い人たちによる、独断と偏見のブログです。いたわりは各自の判断でお願いします。

第140回 特異・蛮竜討伐G 太刀部門  

mhf140top.jpg


こんばんは、なおです
韋駄天乙狩り様でしたーっ!

グンマーの愛称を持つ怒髪獄大槌やフラウさんの定番武器だった怒髪獄双乱、貫通弓最高峰の怒髪獄絶弓
G級になってからは剛力珠の上位互換のグレン剣珠やディスフィロアの水冷弾圧縮撃ちの最適解だった蛮殻砲といったFの歴史に名を残す栄えあるモンスターでしたが
危険無効の高地マラソンに、落雷、避雷針攻撃、落とし穴攻撃等々優しさだけでない、厳しさも兼ね備えたモンスターですが
そんな偉大なる彼をも退けた今回のSAMURAI達の雄姿を振り返ってみましょう!

【最終暫定1位】【2:15:80】【武器スロット:エルゼ剣珠GX4、祖龍剣珠GX5*2】
https://youtu.be/K5l_R-kTg4I

【最終暫定2位】【2:20:46】【追加スキル:一閃+1、見切り+3、纏雷、弱点特攻】
https://youtu.be/NCBxMjfv2Fw

【最終暫定4位】【2:39:63】【追加スキル:一閃+1、見切り+3、纏雷、弱点特攻】
https://www.nicovideo.jp/watch/sm34935542

【最終暫定7位】【2:44:53】【武器スロット:エルゼ剣珠GX4、祖龍剣珠GX5*2】
https://youtu.be/Z2IGETcP2Lk

【最終暫定8位】【2:51:60】【武器スロット:エルゼ剣珠GX4、プランダ剣珠GX1*21】
https://youtu.be/JxG5MB4A9ig


怪奇ローゼンも予想されていましたが、今回は鬼神刀に軍配が上がった模様
怪奇珠3個詰めて怪奇だけ発動させるより、鬼神刀を選んで一閃+1、見切り+3、纏雷、弱点特攻を付けたほうが強かったようです
あとはゲージ的な視点からも鬼神刀のほうが強かったですね

大まかな立ち回りとしては尾≧腹>脚に牙突、翼・尾の先端に解放連撃を当てるのが理想的な感じでした
しかし、グレンの体格というか構造上、一番の弱点部位である翼・尾の先端部位は非常に当てにくく、ピンポイントで解放連撃を当てるのは至難の技でしたね
タックルやボディプレス等、対象の部位が下がった時に狙いに行くのが当てやすかったようです
ですがなかなか解放連撃が溜まってすぐに理想の動きをしてくれないのが今回のグレンあるある
私はグレンのじらしに耐えきれずに解放連撃を勘で当てにいくという豪快なプレイングも度々しました!(当たったとは言っていない

また、尾≧腹>脚に牙突するのが好ましいんですが、グレンって両脚の間隔狭いんすよね
故に腹に当てたつもりが脚に吸われた方も多いのではないでしょうか

別に今回に限ったことではないだろうけども、なんか精度が試される韋駄天、でしたね、体感
集中力を維持しつつ、精度を上げてきたいと思います!
コメント
コメントの投稿
Secret

プロフィール

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

RSSリンク

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード