太刀好きな性質の悪い人たちによる、独断と偏見のブログです。いたわりは各自の判断でお願いします。

第146回韋駄天杯~直前対策編~  

mhf146top.jpg
言うな……何も。分かってっから(´・ω・`)

ハイ、夏休みももう終わりですよ!
最後に韋駄天で思い出作りして絵日記書きましょう!


今回の貸与防具はこちら
mhf146tl.jpg
編成がごちゃっとしているため未発動スキルポイントの種類が多めになっています。
防具から得られる効果は基本武器倍率+30のみとなっていますが、
ハメ込み装飾品で何かしら発動されるでしょう。
強力なスキルで素早く2頭を処理したいとこですね。

武器は辿異武器限定・レア度以下・シジル×という制限になっています。
斬れ味に不安が出るためり課金武器の斬れ味に期待したい所でしょうか。

この貸与防具で発動するスキルはこちら
mhf146defset.jpg
発動済みのスキルはどれも中途半端ですが、伸ばしやすいので勝手に伸びてくれると信じましょう。

未発動の中でも注目はやはり適応撃・痛撃・一匹狼あたりでしょうか。
回避性能は+1でも十分避けられそうですし、豪放もなんとかなるでしょう。
肉質的に適応撃が良さ気ですが、如何せん頭の判定が……ちょっと小さすぎるという難点も。

ゴウガルフは磁力を用いた技をふんだんに使用してくるため状態異常無効【多種】があると楽でしょうか?
おそらく今回も例によってハメ込み装飾品の方で補填されると予想されますね。
考えるだけ無駄なので当日を待ちましょう( ˙-˙ )


赤と青の乱舞、ゴウガルフとともに舞え!
ところで、どっちがレイで、どっちがロロだっけ?

引き合う磁力、反発する磁力を巧みに操り互いをかばい合うコンビネーションが魅せどころ。
峡谷ではなく新闘技場なのでマラソンがないのが救いですね。

・連携待機
攻撃、ではないが最大の隙ポイント。
連携技に派生する前行動でモーションが確定するまではひたすら両腕を叩きつけている。
ここでダウンを取れれば更に長く隙を貰えるので狙っていくべきか?

・連携攻撃
いっぱいあるので見極めもしくはリタマラが必要になってきそう。
移動する系も2~3あるので、それよりかはボディプレスの様な使用後の位置特定がし易い行動を狙いたい。

・怒り移行咆哮
いなしポイント。冷静に怒り蓄積を把握しいなし突きチャンスを逃さず掴みたい。


頭部破壊がマストの秘伝用クエにはお世話になりました(シンドカッタ)
部位破壊箇所も多く航路では嬉しい相手でしたね。

例によって牙獣種のナックル削りもあるので吸血の維持には苦労するかも。
2頭同時クエではありますが、素早い(素早すぎる)行動は控え目なので、
常に2頭をカメラに捉えるようにして、しっかり対処していきましょう。


武器選びのための肉質チェック!
今回もFreeDomの小部屋様より情報をお借りします。
●ゴウガルフ(ロロ⇒赤、レイ⇒青)
mhf146niku.jpg
それぞれ弱点属性が異なり、ロロが、レイが、共通してが少し通るという具合。
斬が一番通るのは尻尾となっているが、牙獣種の背後を取り続けるのは至難の業
無理に狙わず、手数を重視して立ち回り、解放連撃などはピンポイントで尻尾を狙うことを意識すれば良いか。

どの属性で攻めるか悩みどころではあるが、候補を挙げるとするならば……

紅魔語ル茜聖ノ刀Ⅶ
アニバ
紅魔属性のアニバ太刀。両方をカバーできる熾凍天翔には目もくれず、
肉質表のロロだけにある3つ目【レイ撃破後】の肉質軟化に注目した作戦。
※正直、これがロロだけにあるものなのかは、小部屋さんやダメージシミュレータからの判断になるので、
ロロ撃破後の肉質軟化がレイにも起きるかはよく知らん。←

ようはレイはさっさと弱点属性で倒して、ロロを常時怒り状態且つ、肉質超軟化で狩り易く、という考え。
始まってからロロの方が先に倒しやすいなど、不確定要素も多分に含まれるが、
そもそもアニバ太刀は紫ゲージの持ちが良く、巻き込みも期待できるリーチ:長
会心率も10%あるという、レア以下という条件化ではかなりの業物。相応の期待値はあると思える。

鬼神刀
鬼神刀
もうこれでイインジャナイかなぁ、という思考停止 but それもまた一つの答え。
斬れ味と会心率の暴力で殴る。斬るではなく殴る、それだけ。


レア度の縛りがキツイですよねー。レアでは属性値も斬れ味も弱々というのが苦しみ。
課金武器になりがちですが、持っている武器の中でどうにか対処していきたい韋駄天模様。


2頭韋駄天、という点以外は特にないですかね。
おそらく磁力対策もしてくれるでしょうし、仮になくともレビほど戦闘に悪影響はないかな?

如何に手際よく片方を処理するか、もしくは2頭同時に巻き込むか
という大きく分けて2パターンが想定されるでしょうか?
確か正月の紅白韋駄天(茶色付き)では2頭を如何に巻き込むかが重要だったかと記憶しています。
今回もそちらが優勢か、はたまたコンビネーション前提の2頭ゆえ巻き込みより分断すべきなのか、
狩り易さとタイム更新状況を見ながら軌道修正していけるよう心がけましょう。

やはり韋駄天も“サービス終了”の余波を受けてか参加者が減少傾向に……

ゑ?そもそも元から少ない???前回は辿異だったから不人気韋駄天???

ガハハッ(ごまかし笑い)

しかしこのままでMHF自体が最期の花火を打ち上げる前に鎮火しそうな具合というのも物悲しくあります(ŏ﹏ŏ。)
何かイベントはないもんですかねぇ~~~?なお氏?チラチラチラ


いじょ!

寝ク暑
落|い
ちラ夜
か|
なつ
 け
 て

Aliceでした~~~(¦3[___]


コメント
コメントの投稿
Secret

プロフィール

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

RSSリンク

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード